• 高森明勅

ちばてつや氏『わたしの金子みすゞ』から金子作品を紹介


ちばてつや氏『わたしの金子みすゞ』から金子作品を紹介

ちばてつや氏『わたしの金子みすゞ』から金子作品を紹介


ちばてつや氏の『わたしの金子みすゞ』から金子作品を3編、追加して紹介する。



こころ



お母さまは

大人で大きいけれど、

お母さまの

おこころはちひさい。


だって、お母さまはいひました、

ちひさい私でいつぱいだつて。


私は子供で

ちひさいけれど、

ちひさい私のこころは大きい。


だつて、大きいお母さまで、

まだいつぱいにならないで、

いろんな事をおもふから。





星とたんぽぽ



青いお空の底ふかく、

海の小石のそのように、

夜がくるまで沈んでる、

昼のお星は眼に見えぬ。

  見えぬけれどもあるんだよ、

  見えぬものでもあるんだよ。


散つてすがれたたんぽぽの、

瓦のすきに、だァまつて、

春のくるまでかくれてる、

つよいその根は眼に見えぬ。

  見えぬけれどもあるんだよ、

  見えぬものでもあるんだよ。




こだまでせうか



「遊ぼう」つていふと

「遊ぼう」つていふ。


「馬鹿」つていふと

「馬鹿」つていふ。


「もう遊ばない」つていふと

「遊ばない」つていふ。


そうして、あとで

さみしくなつて、


「ごめんね」つていふと

「ごめんね」つていふ。


こだまでせうか、

いいえ、誰でも。

47回の閲覧