• 高森明勅

東日本大震災、当日の電話



東日本大震災当日の夜。想像を絶する被害を受けた岩手県から電話を貰った。私は同月下旬に同県での講演を予定していた。その主催者の事務局の方だった。およそ以下のような内容。


「こちらの勝手な都合で申し訳ありませんが、予定していた講演は当面、延期させて戴けないでしょうか。講演会場に使うつもりだった施設も、天井が落下して使えなくなっています。


事務局のメンバー同士もまだ連絡が取り合えていません。こうした状況ですので、しばらく延期させて下さい。但し、これはあくまでも延期です。先生のご講演は必ず行わせて戴くつもりです。なので、こちらの準備が整い次第、改めて日程の調整をさせて下さい。宜しくお願い致します」と。


思いがけないタイミングで、丁重なお電話を戴いて、驚き、恐縮した。後に判明した死者・行方不明者の数は、岩手県内だけで合わせて6千人に近い。そんな大惨事の最中(さなか)でも、対処すべき日常業務の一つ一つを、決して忽(ゆるが)せにせず、丁寧、確実に

処理しようされる誠実な態度に、頭が下がった。


人の真価は、いざ!という時にこそ表れる、と言う。まさにその通りと深く感じるものがあった。同月中・下旬には他にも都内を含め何件か、講演や研修のスケジュールが入っていた。しかし、さすがにここまで迅速な対応は無かった。


丁度1年後の翌年3月下旬、約束通り同県で講演を行った。その講演では、いつも以上に熱意が籠(こも)ったのは言う迄もない。講演の冒頭、震災当日に戴いた懇篤なお電話のことに触れた。あの時のことは今も思い出す。

高森明勅アイコン

神道学者 / 歴史家 / 天皇・皇室研究者  高森明勅公式サイト

Copyright 2021© AKINORI TAKAMORI