• 高森明勅

母の夢

母の夢


亡き母の「50日祭」の夜。

母の夢を見た。


久しぶりのこと。


私が玄関を入り、広い廊下を通って、角で曲がる。

洗面所とトイレの前を通り抜けて奥の居間に入る。

すると、入ってすぐ近くに、母が立っていた。

どこかに出掛ける時の少しおめかしした服装。

顔はふくよかで、ニッコリと明るく笑っている。

しかし残念ながら、私が何か話しかけようとしたところ迄しか、覚えていない。


肝心な会話の場面が記憶からすっかり抜け落ちている。

たったそれだけのことが、とてつもなく大きな喪失感を抱かせる。



彼岸花(ひがんばな)

咲ける間(あわい)の

道をゆく

行(ゆ)き極(きわ)まれば

母に会ふらし

(上皇后陛下、平成8年)


  • Facebook Social Icon