• 高森明勅

真に警戒すべきもの

真に警戒すべきもの


小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」。

最新作(『SPA!』7月21・28日号)は「スウェーデン人の死生観」を取り上げておられる。


「死は悲しいことですが、自然現象であると思う」というのが、彼らの“死”の捉え方だとか。

私としては、大きな違和感は無い。


「そんな国民性だから、スウェーデン人はリスクがあってもロックダウンはせずに日常の楽しみを維持し、施設でコロナの集団感染が起きて老人が多く死んでも、それも寿命だと動じないのだ」という記述もある。


現代の日本とは大きな違い。

何しろ、新型コロナウイルス恐怖症によって、国民の側から緊急事態宣言の再発出を求める声が少なくない。


感染拡大を怖れる余り、そのことが日本の社会と経済にどれだけ深い傷を負わせることになるか、想像力が働かないようだ。

このような状況の中で、高齢者施設で集団感染が起こり、その結果、万が一にも「老人が多く死」ぬような事態にでもなれば、どうなるか。


以前、有名な芸能人が亡くなった時以上の衝撃が、国中に走るのではないか。

それによって、ようやく少しずつ動き始めた社会活動が、再び“凍結”してしまいかねない。先日のゴー宣道場でゲストにお招きした木村もりよ氏は、そういう展開を最も警戒しておられたように拝見した。


8月に刊行されるという小林氏の憂憤警世の書『コロナ論』が、このような空気を一変させる、大切なきっかけになることを願う。

  • Facebook Social Icon