• 高森明勅

「父の日」は無い?


「父の日」は無い?


「父の日」が近くなると思い出す。

もう随分、昔のこと。

都内のとある下町を息子2人と歩いていた。

2人は私の少し後ろ。

次男が兄に話し掛けている。


「もうすぐ母の日だね」

兄「うん、そうだね」

弟「でも不思議なんだよね」

兄「何が?」

弟「だってさぁ、母の日はあるのに、父の日が無いじゃん。変じゃない?」

長男は慌てて、(私に聞こえないように)声を低めて答える。

「いや、父の日はあるんだよ」


弟は兄の慌てぶりにも頓着なく、大きな声でこう言った。


「へー、父の日ってあったんだ。ちっとも知らなかった。

てっきり無いのかと思っていたよ」と。

勿論、私はその時、内心の落胆に気付かれないように、又そんなやり取りなんてまるで聞こえなかったかのように、ごく平静に振る舞った…つもりだ。

でも、それから歳月が流れた今も、執念深く覚えていたりする。


諸君!「父の日」はある。

この日には、普段は照れ臭くて“敢えて”隠しているのかも知れない、父親への深い深い感謝の気持ちを、遠慮なく表現して良いのだぞ。


繰り返す。


父の日は断じてある!

  • Facebook Social Icon