• 高森明勅

桜とあやめ


桜とあやめ


今年は、桜の見頃の時期が、例年より長かったような気がする。

気温が低めの日が多かった為か。

少なくとも、私の地元ではそんな印象を受けた。


更に過日、私が住んでいる場所よりもっと北の、山がちの地域に妻が運転する車で出掛けた時は、桜が少し遅れて満開。思わず息をのんだ。


たまたま、道端に桜の枝が落ちていたのを見つけ、わが家に持ち帰って、玄関に飾る。

玄関には、既にお隣から「お花が咲いたのでどうぞ」と戴いた、早めに咲いたあやめを花瓶に活けてあった。

なので、わが家の玄関では暫く、満開の桜と清楚に咲くあやめ、という些か珍しい組み合わせが、それぞれ美しさを競っていた。


「年年歳歳花相似、

歳歳年年人不同」(劉希夷)


0回の閲覧
  • Facebook Social Icon