• 高森明勅

まだ63歳


まだ63歳


3月14日は私の誕生日。満で63歳になった。当日は高森稽古照今塾と重なったので、少し前倒しして、11日に家族が集まり(但し、長男夫婦は参加できず)、早稲田の庶民的なフランス料理店でささやかな会食。


更に13日、妻と子供達からプレゼントを貰った。

TEMPURの枕とnewbalanceのスニーカー。私も店に行き、しっかり選んだ。どちらも私の健康に配慮してのチョイス。嬉しい。これまでのプレゼントも、吉田カバンの鞄、HERMESのバッグ、メガネスーパーの眼鏡など、毎日とか、しょっちゅう使う、実用的なものが多い。私自身が、本以外、自分のものは殆ど何も買わないのを、補ってくれている部分もある。ちなみに、13日は長男のお嫁さんの誕生日だったので(私の誕生日と1日違い)、家族みんなでお祝いメッセージの動画を撮り、長男夫婦に送った。


14日の塾が終わった後には、受講生らからもサプライズでプレゼントを貰ってしまった。妻と2人分のホテルのディナー券だった。これも、私が愛妻家(又は恐妻家?)なのをよく考えた上での、選び方。彼らの好意が伝わる。


私の父は64歳で亡くなっている。そのせいか長年、64歳以上長生きしている自分がどうしても想像できなかった。


しかし先頃の、令和最初の天皇誕生日に際しての記者会見で、天皇陛下は次のようにおっしゃられた。「還暦を迎えるに当たっては、もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」と。


このお言葉に接し、目が覚めた思いがした。或いは、お叱りを戴いたようにも感じた。「まだ63歳ではないか」と。非力ながら、もう暫くは自分の出来る範囲内で、何かしら公(おおやけ)に役立つことをさせて戴こう。


そんな気持ちになった。寿命などは天に任せておけばよい。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon