• 高森明勅

お前に出来ることをせよ


お前に出来ることをせよ


『ディダケー(教え)』という1世紀のキリスト教関係の文書。その中に次のような文言があった。


「主の軛(くびき)を負うことができるなら完璧(かんぺき)であろうが、それができないなら、お前にできることをせよ」。


「主の軛を負う」というのは、イエスの教えに百パーセント忠実に生きることだろうか。そんなことは恐らく誰にも出来はしないだろう。しかし、だからと言って、イエスの教えを投げ捨ててはいけない。


「お前にできる(範囲内の)ことを(精一杯)せよ」という“教え”だ。私は勿論、クリスチャンではないし、イエスの教えに忠実に生きようとも思ってはいない。しかし、この「教え」は、不完全な1人の人間として、胸に迫るものがある。

  • Facebook Social Icon