• 高森明勅

神話の中の「女性の主体性」


神話の中の「女性の主体性」


日本神話の中には、「女性の主体性」が表現されている場面が、いくつか描かれている。例えば、大国主(おおくにぬし)の神を巡る神話の一コマ。ここではオオアナムジの神と呼ばれる。


多数の兄弟達が、評判の八上(やかみ)ヒメに求婚する為に、出雲から遙々と因幡に赴く。この時、オオアナムジの神は旅に必要な用具などを兄弟から押し付けられ、それを袋に入れて背負い、一行の後ろにトボトボと従っていた。ところが八上ヒメは、兄弟神達にキッパリと言い放つ。


「私はあなた達とは結婚しません。オオアナムジの神と結婚します」と。


鮮やかな逆転劇だ。勿論、物語はこの後、更に再逆転、再々逆転とドラマチックな展開を見せる。だがそれはともかく、ここで八上ヒメの“主体性”が遺憾なく発揮されている点は、見落とせない。たった一言で、わざわざ出雲からやって来た多くの神々を、スッパリと“振って”みせた。


だけでなく、自分の方から結婚相手を名指ししたのだ(しかも、実際にこの後、結婚している)。女性の主体性が一方的に排除されている“男尊女卑”の社会では、このような神話は生まれないはずだ。


男尊女卑の「男系社会」だったシナ文明との違いは、こうした辺りからも窺うことが出来る。

  • Facebook Social Icon