• 高森明勅

日本書紀と「ニセの神」


日本書紀と「ニセの神」


日本書紀には興味深い記事がいっぱいある。例えば、仁徳天皇11年10月条。河内平野では淀川と大和川の合流地点付近で、たびたび氾濫が起きていた。それを防ぐ為に、仁徳(にんとく)天皇は「茨田堤(まむたのつつみ)」と呼ばれる堤防の築造を命じた。しかし、うまく工事が進まない場所が2ヵ所あった。古い時代の話なので、次のように展開する。


天皇の夢に“神”が現れて、こんなことを語る。


「関東・武蔵の住人、強頸(こわくび)と地元・河内の住人、茨田連(まむたのむらじ)コロモノコの2人を犠牲として河の神を祭れば、工事が難しい2ヵ所も首尾よく完成するだろう」と。そこで、強頸は泣き悲しみながら河に沈んで犠牲となり、まず1ヵ所目の工事は完成した。ところが面白いのはコロモノコの対応だ。


「神よ、ヒョウタンを河に投げて水に浮かべるから、それを沈めてみせよ。それが出来なければ、そなたは真の河の神ではない。ニセの神だから、私は決して犠牲になんかならない」と言明した。すると、急につむじ風が吹いてヒョウタンを沈ませようとするのだが、遂に沈まないまま、流れ去ってしまった。こうしてコロモノコは犠牲にならず、工事も無事に完成した-。


この説話については、歴史学者の上田正昭氏や国文学者の吉井巌氏の解釈がある。しかし、古代史研究者の松尾光氏の論考を参考にすると、以下のように理解出来るだろう。工事の邪魔していたのは実は河の神ではなく、風の神だった。でもコロモノコにやり込められたので、それ以上、妨害が出来なくなった、と(日本書紀の記述でも、夢で天皇に意思を伝えたのは、「神」としか書かれていない)。


率直に言って、人が神を“テスト”した話だ。古代の日本人には、そのような「合理的」な思考態度もあった。日本書紀がそれをわざわざ記事にしているのは見逃せない。「聖帝(ひじりのみかど)」と称えられた仁徳天皇も、ニセの神にいっぱい喰わされた格好だ。日本書紀の編者は、そのことも気に掛けていない。

  • Facebook Social Icon