• 高森明勅

受賞の弁



受賞の弁

令和元年度ライジング版「流行語大賞」に私の言葉が選ばれた。企画に参加された半数近くが、その言葉に投票してくれたようだ。素直に嬉しい。しかも、他でもない「ボーカル・マジョリティー」という言葉が選ばれた事実に、投票者の覚悟や主体性を感じる。コメントにも、前向きな意欲が溢れていた。一層嬉しくなるし、頼もしい。


勿論、ボーカル・マジョリティーという言葉はあっても、まだ現実には存在しない。それを実体化させるのも決して容易(たやす)くはあるまい。又、一歩誤ると「もう1つのノイジー・マイノリティー」に転落しないとも限らない。その点は自戒したい。


来年こそは「正念場」だろう。微力ながら、危機感を共有する皆さんと手を携えて、正面突破を図りたい。


なお、私の「育児は国事」という言葉も5位に選ばれた。これも嬉しい。私の年来の持論であり、我が家の子供達が幼少の頃、私自身手探りで努めたつもりなので。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon