• 高森明勅

日本国の象徴、日本国民統合の象徴

憲法は、天皇を「日本国の象徴」であり、

「日本国民統合の象徴」と規定する(第1条)。

日本国の象徴とは何か。

その役割とは何か。

「国民統合」とはわざわざ区別されている。

そうであれば、(国民共同体ではなく)

国家の“統治組織”の「象徴」だろう。

統治組織の“頂点”にあって、

その円滑な運用を可能にする為に最も必要な、

威厳や尊厳に関わる部分を担われる。

憲法に列挙されている13種類の「国事行為」は全て、

「国の象徴」としての“務め”を網羅した内容になっている。

それらは原則、国民との“接点”を持たない

(国事行為として行われる「即位の礼」のうち、

「祝賀御列〔おんれつ〕の儀」が僅かな例外か)。

一方、「国民統合の象徴」とは何か。

その役割とは何か。

国民統合の“中心”にあって、

制度的に固定化されている統治組織とは異なり、

時々刻々、変化し流動する国民の「統合」という

状態を、望ましい姿で保つ為に“精神的な”拠り所

となられる事が求められる。

その為には、国事行為のように

予めメニューが決まった事だけをなされば良い

(ポジティブリスト方式)、という具合には行かない。

天皇陛下は、まさに日々変わり行く社会の要請や、

人々が必要としている事柄を機敏に察知され、

憲法上の天皇の地位にそぐわないご行動を除き

(ネガティブリスト方式)、 歴史に深く学ばれつつ、あらゆる努力を重ねて来られた (それが陛下のおっしゃる“象徴としての行為”)。

その長年のご努力がいかに国民の心に届いたか。

それは、平成最後の「天皇誕生日」

(平成30年12月23日)に皇居に詰めかけた

多くの国民(8万2850人!)が、

口々に皇室への「感謝」を語った事実が

証明しているだろう。

威厳(国の象徴)と慈(いつく)しみ

(国民統合の象徴)。

普通なら矛盾・対立しかねない両者を、

天皇陛下はごく自然な形でご一身に

体現しておられる(その背景には皇室祭祀の

厳修という事実がある)。

憲法に書き込まれた“象徴天皇”という

至難な命題に、歳月をかけて息を吹き込まれ、

血を通わせて来られたのは、

他ならぬ天皇陛下ご自身であられた。

53回の閲覧
  • Facebook Social Icon