• 高森明勅

憲派は国民を信じない?

護憲派の欺瞞を衝くリベラリズムの権威で 東京大学教授の井上達夫氏の発言。

「今の護憲派は『多くの国民は憲法なんて分からないんだから、 国民投票なんかやったら危険だ』 『ポピュリズムの政治家に扇動される』 というデマを流しているに等しい。

憲法は神から与えられたわけではない。

我々は占領軍にマッカーサー草案を押し付けられたけれど、 押し付けは占領期までの話であって、 その後は自分たちで変えようと思えば変えられた。

憲法も人もつくるものなのです。

自分たちで憲法をつくっていく実践をしない人たちに、 その憲法を尊重をする意識が生まれるだろうか。

…9条は、戦力という国家暴力の 最も危険な要素にかかわる基本的な憲法原理です。

これについて現実と憲法規範との間でこれほどの 矛盾が生じている今、それをどう是正していくのかという問題は、 やはり憲法自身が定めている改正手続きに従って 国民の審判を仰ぐべきなのです。

それをさせないという人たちは、 民主主義者を名乗る資格はないと僕は思っています」 (『立憲的改憲』)


画像:U.S. Naval Historical Center

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon