• 高森明勅

国民の責任

政治は変わらない、という言い方。

無責任で当事者意識ゼロ。 変えようとするか、しないか。

国民に問われているのは、それだ。 以前、紹介した京都帝国大学法科大学教授、佐々木惣一。 大正4年(1915年)3月に「一票の投げ所」という論説を 書いている(『大阪朝日新聞』同21日から25日迄連載)。 百年以上前の論説だ。 そこに「国民自ら責めよ」という一文が収められている。 その一部を紹介しておこう(『立憲非立憲』講談社学術文庫より)。

「形は他人の事のように見えて、実は自分の事である場合が、 世の中に多い。選挙は正しくそれである。 国民は近来代議士を罵(ののし)り、又(また)候補者 の下劣を嘲(あざけ)ること甚(はなは)だしい。 代議士の腐敗も候補者の下劣も事実であろう。 併(しか)し翻(ひるがえ)って考うれば、代議士の腐敗は、 実は之(これ)を代議士たらしめた国民の腐敗に基(もとづ) くことが多い。 又下劣な者が敢(あえ)て候補者に立つのは、 従来国民が下劣なものを選挙し来(きた)ったからである。 それ故に吾々(われわれ)国民は徒(いたず)らに代議士の腐敗や 候補者の下劣のみを責むべきではなく、寧(むし)ろ自らを 責むべきである。 …現今(げんこん)我が国民は一般に他を責めて自分を 責めないと云う風がありはしないかと考える。 そして、之が立憲政治の実現せられない根本の理由だと思う。 …それ故に、候補者の顔触(かおぶれ)を良くする為には、 先ず選挙人自ら覚醒せねばならぬ。 そこで…候補者の優劣の問題と共に、選挙人の覚悟の 問題が起(おこ)るのである」

これを現代に当て嵌めても、 殆どそのまま通用するのではないか。

10回の閲覧
  • Facebook Social Icon