• 高森明勅

立憲民主党全議員勉強会

3月19日、立憲民主党の皇位の安定的継承に

向けたキックオフの「全議員勉強会」。

そこで1時間ほどレクチャーする機会を与えられた。

光栄だ。

質疑応答の手前迄はメディアにも公開。

だから内容を特に隠す必要はないだろう。

取り敢えず、

私が用意したレジュメの目次だけを

掲げておく(“→”の後が本論だが省略)。

皇位の安定的継承のために

1退位特例法の達成と課題

(1)達成→

(2)課題→

2皇室存続の不安定化の背景

(1)偶然的要因→

(2)政治的要因→

(3)構造的要因→

3皇位継承の安定化に向けて

(1)旧宮家系男性が新たに皇籍を取得

できるようにする案→

(2)女性宮家を創設する案→

(3)皇位継承資格の見直し→

以上。

メディア関係者が退席した後の

質疑応答では、何人も質問して下さった。

このテーマへの熱意の表れだろう。

有難い。

質問者の中には、菅(かん)直人元首相もおられた。

会場には辻元清美議員の顔も見えたが、

質問はなかった。

同党の議員以外では、

衆議院法制局長のT氏も参加されていた。

後からわざわざご挨拶戴いたのは恐縮。

18日には菅(すが)官房長官が

政府の立場から、新天皇ご即位後、

速やかな検討の開始を明言した。

「そんなに時間を待たないで」と。

その翌日に国会の立場から、

野党第1党が私を招いてこのような取り組みを開始。

いよいよ、皇位の安定的継承に向けた、

政府・国会の本格的な取り組みが動き出すのか。


0回の閲覧
  • Facebook Social Icon