• 高森明勅

文春新書『元号』は訂正が必要

文春新書『元号』(所功氏他)に「平成」への 改元を巡り以下の記述がある。


「(昭和64年1月7日午後)1時50分から 全閣僚会議(事務方も入る)が開かれ、 さらに2時10分からの臨時閣議において、 新元号は『平成』と決定された。


そこで石原(信雄)官房副長官は直ちに 宮内庁長官の藤森昭一に電話を入れ、 長官から新天皇に『新元号は平成』と報告」と。


これが事実なら、天皇陛下の事前の「ご聴許」は無かった事になる。


つまり“大化”以来の「天皇の元号」という伝統は決定的に喪われ、 「内閣の元号」に変質したという事。


ところが、宮内庁に連絡をしたご本人である

石原信雄氏の証言では、そうではない。


間違いなく、閣議の前(!)に

天皇陛下にご報告申し上げている

(『週刊ポスト』平成25年12月6日号、

時事通信平成30年5月5日8時22分配信記事他)。


勿論、同氏の証言を疑う合理的な理由はない。


従って、やはりご聴許は“あった”と理解できる。


というより、ご聴許の為に事前に連絡したとしか考えられない。


あの時、元号の本質はギリギリ守られていたのだ。


言う迄もなく、次の改元の際にも、 この点は決して蔑(ないがし)ろにされてはならない。


専門家の手になる時宜を得た著書の中で、 まさに元号の本質(!)に関わる記述が、 当事者の証言と齟齬しているのは残念だ。 重版の際には訂正される事を望みたい。

10回の閲覧
  • Facebook Social Icon