• 高森明勅

平成最後の新年一般参賀

1月2日、平成最後の新年一般参賀。

約15万4800人もの人々が詰めかけたようだ。

勿論、平成で最多。

その為、天皇陛下のお気持ちで、 当初お出ましは5回の予定だったのを2回増やして、 7回も国民の祝賀にお応えになった。

長くお風邪を召しておられ、 前日は、早朝の「四方拝(しほうはい)」 をはじめ国事行為の新年祝賀の儀など、 行事が立て込んでいた。

外国大使夫妻らの祝賀を お受けになっている最中に、 陛下が大きくお身体を揺らして、 よろけられるハプニングもあった。

恐らくご疲労のせいだろう。

だから私は、2日のご体調が心配でならなかった。 にも拘らず、6回に増やされた後にも まだ多くの国民が残っている様子をご覧になって、 更にもう1回お出まし下さった。

いかにも陛下らしい、 ご自身のご負担を顧みない、 国民への温かい思いやりだ。

こうした急な変更があったので、 気の早い一部メディアがそれをフォローできず、 「予定外の“6”回のお出ましで、 平成最多の1“4”万5千人の参賀」と誤報していた。

各地から参賀に訪れた人達は、 メディアの取材に対して口々に、 天皇陛下への感謝の気持ちを述べていた。

この日の皇居の光景こそ、 陛下が30年の歳月を掛けて 「全身全霊」で築き上げて来られた、 人々に寄り添う“能動的”な「象徴天皇」像が、 いかに多くの国民に感謝をもって受け入れられているかを、 揺るぎなく証(あか)し立てているだろう。

※画像:(c)Kazuhiro NOGI / AFP

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon