• 高森明勅

NHK「日本人の意識」調査から

最終更新: 2019年5月10日


NHK「日本人の意識」調査から

NHKが5年ごとに同じ質問、同じ方法で続けて来た「日本人の意識」調査。 天皇に対して「反感をもっている」という回答は、以下のように変遷している。 昭和48年…2.2%。 同53年…2.4%。 同58年…2.2%。 同63年…2.1%。 平成5年…1.5%。 同10年…1.1%。 同15年…0.8%。 同20年…1.0%。 同25年…0.5%。 同30年…0.2%。 これを見ると、昭和時代に2%強で推移していたのが、 遂に1%を切る水準にまで下がった事が分かる。 逆に、「尊敬の念をもっている」と「好感をもっている」を合わせた数字は、 調査を始めた昭和48年が53.6%だったのに対し、最新の平成30年の調査では 76.8%に上昇している。 特に、平成に入って「尊敬」より「好感」が高い傾向があったのに、 最新の調査では、「好感」が上昇した(前回35.3%→35.8%)以上に「尊敬」 が上がって(前回34.2%→41.0%)、逆転した(これまでの昭和・平成の調査で 最高)。 「特に何とも感じていない」という回答は、初回の42.7%から22.2%まで下がっている。最新の調査は、平成30年6月30日から7月22日までの期間に、全国の16歳以上の 国民5,400人(層化無作為二段抽出)を対象に個人面接法で行われ、有効数(率)は 2,751人(50.9%)だった。 かなり大がかりで丁寧な調査だ。

76回の閲覧
  • Facebook Social Icon