• 高森明勅

幸多かれ



先日、長男のお嫁さんのご家族と会食した。チャーミングなお母様と綺麗な妹さん。当方は次男が仕事の都合でやむなく不参加。でも幸い、シンガポールに嫁いだ長女は参加できた。妻は初め少しだけ、硬くなっていた。


でも明るく楽しい懇談の席になった。


これからは一生のお付き合い。フランス料理のコースの最後にデザートが出る。それに、メッセージを書き込んで貰う趣向。どんな文面にするか長男が迷っていた。そこで予め参考までに、一案として私なりのメッセージを伝えた。


「2人の出会いが2つの家族を結ぶ。幸(さち)多かれ」。


結局、この文言がそのまま使われた。

51回の閲覧
  • Facebook Social Icon