• 高森明勅

付和雷同

昭和天皇は、先の大戦を回避できなかった

国内の要因として、国民の付和雷同性を

挙げておられた(昭和21年)。

「先ず我が国の国民性に付いて思うことは

付和雷同性の多いことで、 これは大いに改善の要があると考える。

…かように国民性に落ち着きのないことが、

戦争防止の困難であった1つの原因であった。

将来この欠点を矯正するには、

どうしても国民の教養を高め、

又宗教心を培って確固不動の信念を養う

必要があると思う。

…歴史は繰り返すということもあるから、

以上の事共を述べておく次第で、

これが新日本建設の一里塚とならば幸いである」

(木下道雄氏『側近日誌』)

昭和天皇がこのように語られて

既に70年以上が経過した。

果たして“付和雷同性”は

少しでも改善されただろうか。




43回の閲覧
  • Facebook Social Icon