• 高森明勅

男系継承でも王朝交替、女系継承でも王朝存続という事実


男系継承でも王朝交替、女系継承でも王朝存続という事実

男系継承でも王朝交替、女系継承でも王朝存続という事実


皇位継承資格の男系限定を、無理な条件下でも維持しようとする人々は、「女系継承は王朝の交替を意味するから駄目!」と主張されている(王朝とは同じ君主の家筋に属する君主の系列)。


しかし、そんな単純な話ではない。


そのことは、例えばフランスの歴史上の王朝交替の実例を見ても、分かる。


カロリング王朝時代(843年~987年)の第6代ウード、第8代ロベール1世(ウードの弟)はロベール家の出自であり、第9代ラウールはロベール1世の義子(出自は領邦諸侯のホゾン家)。


ロベール家は勿論、カロリング王朝と血の繋がりは無い(当然、ホゾン家も)。

カロリング王朝が途絶えた後、カペー王朝(987年~1328年)に交替するが、同王朝はこのロベール家に連なる。


そのカペー王朝の次のヴァロワ王朝(1328年~1589年)の初代フィリップ6世は、カペー王朝の第10代フィリップ3世(国王の代数としては6代前に遡る)の孫だから、当然、男系の血筋では繋がっている。


にも拘らず、ここで王朝が交替したと見られている。

更に、その次のブルボン王朝(1589年~1792年)も、初代のアンリ4世は、カペー王朝の9代・ルイ9世の男系の10世の孫だった。


だから、男系の血筋ではカペー王朝及びヴァロワ王朝とも繋がっている。

にも拘らず、血筋の遠さ故に、王朝交替とされている。


しかし10世というのは、わが国のいわゆる旧宮家系の男性子孫が20世以上離れているのに比べると、血縁的には遥かに近い。

それでも王朝交替とされているのだ(日本の旧宮家の場合は、ずっと血縁が遠い上、

更に皇族の身分から明確に離れている)。


一方、オランダ王家の場合はどうか。


今のウィレム=アレクサンダー国王の前は、3代続いて女王(ウィルヘルミナ→ユリアナ→ベアトリクス)だった。

当然、女系継承。

しかし、それによってオランニェ=ナッサウ家が断絶した訳ではない。

何の支障もなく、同一の王朝が存続しているのだ(次代も長女が王位を継承される予定)。


男系継承が王朝の存続、女系継承が王朝の交替を意味するーという“単純図式”では、歴史を正しく見ることが出来ない。