• 高森明勅

「独擅場」と「独壇場」



随分、前から間違った言葉が普通に流通してしまっている代表的な例の1つに、「独壇場(どくだんじょう)」がある。正しくは「独擅場(どくせんじょう)」。


「擅(呉音=ゼン、漢音=セン)」は「“ほしいままにする” ひとりじめにする。また、ひとりで自由に処理する」(『学研漢和大字典』)という意味だ。独擅場は、改めて言う迄もなく「その人だけが思いのままにふるまうことができ、他人の追随を許さない場所・場面。ひとり舞台」(『日本国語大辞典』14巻)という意味だ。


ところが、「『擅』を『壇』に誤り、『ひとり舞台』の意味にひかれて『どくだんじょう(独壇場)』という語が生じた」(同)という。最近では、更に「どくだんば」とか「どたんば」という間違った訓(よ)み方も、出て来ているらしい(『明鏡国語辞典〔第2版〕』)。


ところで、そもそも「擅」を「壇」と間違えたのは、“書き”間違えなのか。それとも、“訓み”間違えなのか。一般には、書き間違えによると説明されているようだ。しかし、「『独擅場』を『どくだんじょう』と誤読し、それで『独壇場』と書いた」(『岩波国語辞典』第8版)つまり訓み間違えによる、という説明も見掛ける。


勿論(もちろん)、今となってはどちらとも決められないだろう。 私の書斎にある国語辞書で最も古い、『大言海(だいげんかい)』(日本初の近代的国語辞典とされる『言海』の増補改訂版)第3巻(昭和9年)には「独擅場(どくせんぢャう、ドクセンジヨウ)」だけを項目として取り上げている。


だが、その説明中に「俗ニ、誤リテ、どくだんぢャう(独壇場)ナドト云(い)フ」とある。当時、既に「どくだんぢャう(独壇場)」がかなり広がっていたことが分かる。同増訂の事業が明治45年に開始された事実も考慮すると、今からおよそ1世紀ほど前には、早くも「誤リテ」独“壇”場という言葉が遣われていたと見てよいだろう(明治24年刊行の『言海』

〔ちくま学芸文庫にて復刊〕が今、手元にないのは残念だが)。


今や人前で「独セン場」などと言うと、「いやいや、“独占”場じゃない。独ダン場ですよ」と注意されかねない。

高森明勅アイコン

神道学者 / 歴史家 / 天皇・皇室研究者  高森明勅公式サイト

Copyright 2021© AKINORI TAKAMORI