• 高森明勅

皇統問題、何故停滞?

皇統問題、何故停滞?


時々、こんな質問を受ける。


「各種世論調査の結果を見ると、女性天皇、女系天皇を認める人達がいつも圧倒的に多い。

なのに何故、政府・国会はこれまでモタモタして来たんですか?」と。


ごく当然の疑問だろう。


しかもロジカルに考えて、長く男系継承を支えて来た側室が不在で、非嫡出による継承可能性が絶たれた以上、皇位の安定継承を目指すなら、明治以来の「男系男子」の“縛り”を解除しなければならないことは、自明の理。


となれば、益々、不可解だろう。


私の見るところ、これには2つ理由がある。


その1つは残念ながら、この問題について、無関心で不勉強な政治家が多い、ということ。

勿論、政府中枢を担う官僚達は、とっくに“正解”を掴(つか)んでいるはず。

政府がこれまで繰り返して来た皇位の安定継承を巡る“巧妙な”答弁は、明らかに正解を知った者の作文と考えられる。

政府・与党の有力な政治家も、問題解決の正しい方向性は、およそ理解していると見てよかろう。

しかし、この問題に対して、積極的な関心もしっかりした知識も乏しい政治家が、少なくないように見える。


それに加えて、2つ目の理由として、「男系男子」維持勢力は、政治家も民間サイドも、すこぶる“熱心”だ。

この熱意は侮れない。

又、組織も持っている。

この、少数ながら熱意と組織を兼ね備えた男系派に対し、多くの政治家は関心も知識も余り無い、という構図が、この問題への政府・国会の取り組みを、いたずらに停滞させ続けて来たことの背景にある。


これに、敢えてもう1つ付け加えるならば、国民多数の女性・女系天皇を認める声が、

これまで世論調査における数字には表れていても、(対立する勢力に比べて)“力強く”政治の場に届いて来なかった、という事情もあるだろう。


少なくともこのテーマについては、「正解」は多数派国民の側にあり、政府もそれを理解している。


この極めて有利な条件を、確実に生かすだけの熱心さが、今、志ある国民に求められている。


  • Facebook Social Icon