• 高森明勅

絵画に描かれた側室


絵画に描かれた側室


地下鉄銀座線「外苑前」駅の近くにある明治神宮外苑(そもそも駅名自体が明治神宮外苑にちなむ)。その中心施設は聖徳記念絵画館だ。


明治天皇のご生涯を描いた日本画・洋画(縦3㍍、横2.5㍍の巨大さ)合計80点を収める。どれも当代一流の画家の手になるもので、史実に基づいて描かれている。同館の創建は大正15年(1926)だった。


ここに展示されている絵画の1枚に、「広島予備病院行啓」と題した作品がある(画家は石井柏亭〔はくてい〕、奉納者は日本医学会・日本医師会)。


明治28年(1895)に、明治天皇の皇后だった昭憲皇太后が広島陸軍予備病院にわざわざお出ましになった時のご様子を描いている。


明治神宮外苑が編集・発行した図録『明治神宮 聖徳記念絵画館壁面』(平成4年刊行)には、以下のように解説している。


「日清戦争が始まってから、皇后(昭憲皇太后)は、常に出征軍人のことをご心配になり、義手義足をたまわったりされました。また、明治28年3月17日、東京をご出発、1週間にわたり広島陸軍予備病院、呉海軍病院を慰問されました」と。


この絵を見ると、昭憲皇太后の後ろに女官(にょかん)で権典侍(ごんのてんじ)だった園祥子(その・さちこ)と同じく千種任子(ちぐさ・ことこ)の姿が描かれている。


この2人は明治天皇の側室だった。園は男子2人・女子6人の合計8人の親王・内親王を生んでおられた。千種は内親王2人を生んでおられた。


こういう絵画を見ると、現代人の一般的な感覚とは異なり、側室という存在が必ずしも“日陰”の存在ではなかったことが分かるだろう。


131回の閲覧
  • Facebook Social Icon