• 高森明勅

11月ゴー宣道場、今日が締め切り!


11月のゴー宣道場では、 小林よしのり氏の作品『戦争論』と憲法9条を巡って討議する。 これは随分、贅沢な企画だ。 何しろ基調講演がジャーナリストの笹幸恵氏。 ご本人が実際に戦場だった場所に繰り返し足を運び、

実際に武器を取って戦った人々と長年、親交を深めてこられた。 勿論、戦史について豊富な知識をお持ち。


戦後生まれの世代の中では最も「戦争」を 身近に感じる事が出来る1人だろう。 そういう彼女が『戦争論』を真正面から論じられる。 それだけで十分に刺激的だ。


それを受けて、作者である小林氏自身が、 自らの代表作である『戦争論』に込めた真意を、 明らかにされる。 となれば、もうこれを見逃す手はないだろう。 更に、そこに憲法9条の問題が絡む。 今まさに、憲法改正が初めて政治日程に上ろうとしている。 少なくとも戦後史上、 改憲が最もリアリティーを持つ局面を迎えている。 その場面で、『戦争論』という作品は、 我々に一体どんな示唆を与えるのか。 それを追究する場合、立憲的改憲の縁の下の力持ち、 倉持麟太郎弁護士が師範として参加してくれている事は貴重。 作家の泉美木蘭氏は持ち前の庶民的嗅覚を発揮されて、 議論が足が地についた形で展開されるよう、 しっかりと導いて下さるはず。 しかも、道場で唯一目障りだった高森は司会。 今度こそは無駄口も叩けないに違いない。 だから安心してご参加を。京都で初開催の11月ゴー宣道場の締め切りは今日!

24回の閲覧
  • Facebook Social Icon