• 高森明勅

10連休の為のご即位?

来年の皇太子殿下が即位される当日は、

この年だけ祝日になる。

それは当然だ。

しかし、それによって「10連休!」

などと大々的に報道される様子を見ると、

複雑な気持ちになる。

安倍内閣がご即位の日取りを決めるのに、

敢えて国際的な労働者の祭典の日(メーデー、労働祭)

「5月1日」を選ぶという奇妙な事をしたのは、

10連休の為かと勘繰りたくなるからだ。

新しい天皇のご即位は、まさに新時代の幕開け。

だから、それに相応しい日を選ぶのが当たり前だろう。

そうすると、普通に考えるなら

1月1日か4月1日の二者択一。

現に政府は当初、1月1日案だった。

しかし、これは無知を露呈した事になった。

来年の1月7日には、

今上陛下にとって特に大切な意味を持つ

「昭和天皇30年式年祭」が行われる。

それを1週間後に控えてご譲位戴くというのは、

政府のやり方として余りにも非礼。

よって勿論、撤回された。

かくて消去法で、

宮内庁が予定していたとされる

4月1日になるはずだった。

同年11月に行われる、

重大な伝統的皇位継承儀礼である

大嘗祭の準備を考慮しても、自ずとそうなる。

同祭で最も大切な意味を持つ、

新穀を献上する悠紀(ゆき)・主基(すき)

両地方を決める際に、既に田植えが終わった

タイミングでは、祭儀としての清浄さに配慮した場合、

決して望ましくないからだ。

5月1日のご即位では、

それより後から両地方を選ぶという手順になる。

明らかに遅すぎ。

前にも指摘したように、

田植えを終えた地方が予め候補から除外されるか、

田植えが済んでいても構わずに選ぶという結果になるからだ。

どちらにしても、「国民統合の象徴」である

天皇の地位を継承されるのに伴って斎行される、

一代に一度の神聖な祭儀には相応しくない。

にも拘らず、政府はこの日のご即位を押し通した。

200年ぶりのご譲位による皇位継承の重みよりも、

10連休という目先だけの大向こう受けを優先した

ように見えてしまう。

69回の閲覧
  • Facebook Social Icon