• 高森明勅

『靖国』の連載

靖国神社の社報『靖国』。

その7月号から9月号にかけて、

國學院大學教授、藤田大誠氏の

「戦後の靖国神社と昭和殉難者(じゅんなんしゃ)合祀(ごうし)」と題する連載。

靖国神社へのいわゆる「A級戦犯」の

合祀などを巡る基本的な論点を取り上げた論考だ

(勿論、靖国神社が言う「昭和殉難者」は「A級戦犯」だけを 指すものではないが)。

精緻・堅実な研究で高い評価を受けている同氏が、

かかるテーマで靖国神社の社報に文章を載せられた

事実自体、注目に値する。

勿論、社報という紙幅の限られた媒体ゆえに、

厳しい字数制限があり、3回に亘(わた)る

連載とはいえ、執筆には苦慮されたのではないか。

だが、抑制的な筆致で基礎的な事項を

1つ1つ丁寧かつ正確に再検証された、 有益な論文に仕上がっている。

今後この方面に言及する場合、

予め必ず目を通しておくべき文章と言える。

26回の閲覧
  • Facebook Social Icon