• 高森明勅

靖国神社の新宮司

靖国神社から封書が届いた。 開けてみると、前宮司の退任と新宮司の就任の挨拶状。 「此(こ)の度(たび)、靖国神社宮司を退任致しました」 「11月1日を以(も)ちまして宮司の重責を拝命致しました」 型通りの文言が並ぶ。 読んでいて何とも言えない悲哀を感じた。 祖国の危急存亡の日に、尊い一命を捧げられた英霊たち。 その英霊たちに深く御心を寄せられ、あらゆる困難を踏み越えて、 戦跡への「慰霊の旅」を重ねて来られた天皇陛下。 その陛下のご真意を、あろう事か、 靖国神社の宮司たる人物が全く理解出来ていなかった。 天皇陛下のお気持ちによる勅使のご参向を仰いだ 10月の例大祭では、宮司が謹慎の為に祭典への参列が許されないという、 異例の事態を招いた。 靖国神社の歴史上、恐らく前代未聞の不祥事ではないか。 今の日本の衰えを映し出すかのような、 余りにも残念な情景だ。 但し新任の山口建史宮司は、 同氏が神社本庁の教学部長をされていた頃から存じ上げている。 靖国神社の権(ごん)宮司としても手腕を発揮されていた。 今の危機的な局面を立て直すには相応(ふさわ)しい人材だろう。 来年の同社ご創建150年という節目を、良い形で迎えられるよう期待したい。 勿論、私も何かお役に立つ事があれば、 及ばずながらご助力は惜しまないつもりだ。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon