• 高森明勅

違憲論争に終止符?

自民党大会。


安倍首相は 「憲法9条に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」 と訴えた。


しかし、これまで繰り返し指摘して来たように、 9条2項の「戦力不保持」規定を残したままでは、 違憲論争は終わらない。


だけでなく、憲法の規範性が喪われない限り、 自衛隊のみならず、立法や行政などに関わって、 様々な「違憲」論が提起されて当然だ。


でなければ、そもそも憲法の存在意義自体が問われよう。 違憲論争に終止符を打つ“為の”改憲、 という発想そのものが、憲法のなんたるかを まるで理解できていない証拠だ。 それに拍手喝采する自民党大会…。

少し恥ずかしくないか。

2回の閲覧
  • Facebook Social Icon