• 高森明勅

立憲的改憲への批判?

憲法学者で学習院大学大学院教授の青井未帆氏。

立憲的改憲への批判を展開されている。

その主旨は以下の通り。

「新しい9条を作れば政治がそれに従うというものではありません。

憲法の条文を新しくしたところで…

成熟した政治がなければ、意味がない。

そういう政治を作ることが、まず私たちが解決ん目指さなければならない

問題ではないでしょうか」 (「『新9条論ーリベラル改憲論』の問題点」)と。

いかにも筋が悪い立論ではあるまいか。

そもそも劣悪な政治に歯止めをかける為の憲法ではないのか。

一体、何の為の憲法か。

「成熟した政治」さえあれば憲法は殆ど無用、

という結論にも繋がりかねない論法だ。

憲法学者としてかかる発言は自己否定に近い。

しかも、「(成熟した)政治を作ること」

こそ優先課題と強調しながら、それをどうやって実現していくのか、 その手順や見通しは全く語られない。

余りにも無責任だ。

自衛隊「明記」加憲への危機意識がまるで感じられない。

更に、青井氏は軽々しく「新しい9条を作れば…」

と言うが、それは国民投票の結果として実現するものだ。

その“重み”を想像できているのだろうか。

氏は一方で、

「わが国における立憲主義や平和主義を真剣に論じている点など、 傾聴に値する議論が多い…憲法に書き込むことによって実力を

統制することは、正統な立憲主義的試みであり、

むしろ正道ともいえます」

と学者らしく、公平かつ理性的に評価しておられる。

その上で急に路線変更して、憲法自体の存在意義を軽んじ、

立憲主義を侮るような議論を展開されている。

不思議だ。

「護憲」の“呪縛”はそこまで深いのか。

2回の閲覧
  • Facebook Social Icon