• 高森明勅

私たちが知らなかった天皇と皇室

10月3日、私の新著 『私たちが知らなかった 天皇と皇室』 (SBビジュアル新書)

の「見本」本が届いた。


5日(地方は6日)には書店に並ぶはずだ。


横組みで全ページがカラー。


私にとっては初めての体裁だ。


書名は、私の原稿を読んだ担当の編集者の実感を、 そのまま表現したそうだ。


「天皇と皇室について、 大切なことは何も知らなかった!」と。


私がこれまで、様々な著書や文章などで 述べて来たことを、集成してコンパクトにまとめ、 更に今までどこでも語ったことがない新しい見解も、 惜しみなく盛り込んだ。


カラーの図版が豊富に掲載され、 記述は平易明快を心掛けた。


「はじめに」から。


「何より、感情的・独断的な議論とは、はっきりと距離を置いた。 天皇・皇室は、決して一部の人たちだけではなく、 幅広い国民が肩ひじを張らないで関心を寄せるべきテーマだからだ」


「あらかじめお伝えしておきたいことがある。 それは、本書が決してありきたりの『解説書』や 『入門書』ではない、ということだ。 たとえば、『神話』については、私なりのオリジナルな視点から

統一的に読み解いた。

『歴史』についても同様だ。 長い天皇の歴史の中で取り上げるポイントは何か、 どのように光を当てるべきかなど、

類書には見られない特色を出している。


とくに『憲法』の天皇をめぐる規定については、 多くの専門家の意見に飽き足らないものを、 かねてから感じてきた。


そのため、初心者向けの記述スタイルを守りながらも、 これまで誰も述べていないような『切り口』を示してみたつもりだ。


現代日本が直面する課題を扱った最終章では、 問題の所在を包み隠さず指摘した。


天皇陛下の『ご譲位』が持つ意味と 皇室の抱える難問について、私の意見を率直に述べている」


―天皇陛下のご譲位を控え、 この本がきっかけになって、1人でも多くの人が、 天皇・皇室に“穏やかな”関心を寄せて貰えると、嬉しい。




140回の閲覧
  • Facebook Social Icon