• 高森明勅

祝祭としての戦争

京都でのゴー宣道場で「祝祭としての戦争」という側面を指摘した。 勿論、無惨な敗戦を知っている日本国民は、 よほど特殊な人物でない限り、誰しも理性的には戦争を嫌い、 憎んでいるはずだ。 しかし、自覚されざる意識下の欲望として、 戦争を好んでいる場合もあり得る。 他国の理不尽な行動が、長年に亘って執拗に繰り返され、 偶発的に小規模な戦闘が起こって、 わが国の兵力がたちまち相手を圧倒した場合。 果たして人々は爽快感を持たないだろうか。 自分や家族は安全な場所にいて、 勝利の報(しら)せが相次いでも、 戦闘の継続や拡大を望む人間など1人もいないと、 断言できるだろうか。 その他にも様々な場面で、 人々が戦争に熱狂する情景は想像し得る。 人は、平常の穏やかな理性だけでは説明できない、 不定形な情念も抱えている。 だから予め、 そうした人間の複雑さも織り込んで戦争を考えないと、 戦争を有効に回避し、防止することも出来ない。 そういう話をするつもりだった。 だが議論の流れに紛れて、 肝心な後半部分に言及できなかった。 「高森って、とんでもないヤツだ」と、 誤解された向きがあるかも知れない。

35回の閲覧
  • Facebook Social Icon