• 高森明勅

皇后陛下の明治「民間憲法草案」へのまなざし

皇后陛下は平成25年のお誕生日に際しての文書ご回答の中で、 明治の「民間憲法草案(私擬憲法)」について言及された。


「5月の憲法記念日をはさみ、今年は憲法をめぐり、 例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。 主に新聞紙上でこうした論議に触れながら、かつて、あきる野市の 五日市を訪れた時、郷土館で見せて頂いた『五日市憲法草案』のことを しきりに思い出しておりました。 明治憲法の公布(明治22年)に先立ち、地域の小学校の教員、 地主や農民が、寄り合い、討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で、 基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務、法の下の 平等、更に言論の自由、信教の自由など、204条が書かれており、 地方自治権等についても記されています。 当時これに類する民間の憲法草案が、日本各地の少なくとも 40数ヵ所で作られていたと聞きましたが、近代日本の黎明期に 生きた人々の、政治参加への強い意欲や、自国の未来にかけた熱い 願いに触れ、深い感銘を覚えたことでした。 長い鎖国を経た19世紀末の日本で、市井の人々の間に既に 育っていた民権意識を記録するものとして、世界でも珍しい文化遺産

ではないかと思います」と。 皇后という制約の強いお立場としては、かなり踏み込んだ、 しかし周到に配慮されたご発言だ。

そこに、現代の日本人への励ましと、警鐘を聞き取る必要があるだろう。 近代黎明期の国民の間には確かにあった

「政治参加への強い意欲や、自国の未来にかけた熱い願い」 「既に育っていた民権意識」。


果たして平成末の日本人は、それらをしっかりと 持ち得ているだろうか。 厳しい逆境の中からスタートした「立憲的改憲」への胎動こそ、 皇后陛下が誇らしくご紹介下さった、「近代日本の黎明期に生きた人々」

の「未来にかけた熱い願い」を、現代に継承しようとする壮大な企てに他ならない。 平和と民主主義を望む護憲派も、日本の自主独立を求める改憲派も、 自らの理念に誠実でありたいならば、立憲的改憲の旗の下に結集せよ!

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon