• 高森明勅

皇后陛下と「巨人の星」





漫画家ちばてつや氏が宮中のお茶会に

招かれた時の様子を次のように語っている。

「いまから5年前、私は文化功労者に選ばれ、

皇居でのお茶会に招いていただきました。

他の出席者の方とテーブルに座っていると、

陛下とお2人でいらっしゃった皇后さまが

隣におすわりになって、おもむろに、

『思い~こんだ~ら試練の道を~♪』

なんと、私の耳元で囁(ささや)くように『巨人の星』の テーマソングを口ずさんでくださったのです。

私が描いた『あしたのジョー』と、

川崎のぼるさんの『巨人の星』はどちらも

梶原一騎さんの原作ですから、

その場を盛り上げようとしてくださったんでしょう。

突然のことにビックリしましたが、

すぐにテーブルに座っていたみんなが笑顔になりましたよ。

私がすっかり感動していると、皇后さまが続けて、

『ウチの皇太子は子どものとき、『少年マガジン』を読んでいましたし、

テレビアニメのテーマソングも大好きだったのですよ』

…ただ、『巨人の星』は私の作品ではありません。

隣にいらした陛下が気が付かれたのか、

そーっと『それは「巨人の星」の歌だよ』と。

すると皇后さまは、

『それはわかっているんですけど、

皇太子は『あしたのジョー』も『巨人の星』も、

どちらも夢中になって読んでいたんです』

私は嬉しくなってしまって、 『御所の中にも、漫画雑誌やアニメがあるんですか?』とお尋ねすると、

『宮内庁の職員が買ってきてくれるのです』と。

皇太子さまや秋篠宮さまは、東宮(とうぐう)御所にある 階段にならんで座って読んでいたそうです。

…何より、皇室の皆さんに親しみが感じられた、

いまも忘れられない嬉しい思い出ですね」

皇后陛下が宮中の奥深くで「巨人の星」

のテーマソングを口ずさまれ、それがちば氏の作品でないことに 気付かれた陛下が、微声にて「それは『巨人の星』の歌だよ」

と指摘なさったというやり取り。 些(いささ)かシュールだ。

86回の閲覧
  • Facebook Social Icon