• 高森明勅

【皇位継承儀礼におけるタテ軸とヨコ軸】

皇位の継承に伴って必ず行われるべき

重要な儀礼として、古代以来の伝統を持つものが3つある。

〔1〕新しい天皇が神器(じんぎ)を受け継ぐ儀礼 (剣璽〈けんじ〉等承継の儀)

〔2〕高御座(たかみくら)に昇って

即位を宣言する儀礼(即位の礼)

〔3〕国民が育てた稲を天皇が皇祖(天照大神)に 奉(たてまつ)り、自ら共に食べる儀礼(大嘗祭)

これらの中で、〔1〕は、天照大神以来の系統(皇統)

と精神を正しく受け継いでいる事を確認する儀礼。

いわばタテ(時間)軸に関わる儀礼だ。

一方〔2〕は、

国民統合の中心である事を表示する儀礼。

こちらはヨコ(空間)軸に関わる儀礼だ。

しからば〔3〕はどうか。

伝統的な生業である稲作を媒介として、

皇祖―天皇―国民という国家の中軸をなす関係を、

祭式的に更新する儀礼。

タテ軸とヨコ軸を総括した儀礼と言えるだろう。

これらの儀礼を皇位継承の度(たび)に繰り返す事で、

時代の変化を越えて受け継がれるべき、

天皇の本質的な一貫性が担保される。

49回の閲覧
  • Facebook Social Icon