• 高森明勅

「痛いとはどういうことか」

『SAPIO』9・10月号に

「天皇の畏るべき言葉」という特集。


それに、昭和天皇の最晩年にお側に使えた

元侍医の伊東貞三氏の証言が載っている。


「過去に一度、陛下(昭和天皇)に

『お痛みですか』とうかがったことがあります。


陛下は『痛いとはどういうことか』とお応えになりました。

痛いと訴えることは天皇としてふさわしくない

振る舞いとお考えになったのでしょうか。

あるいは、国民に心配をかけまいとしたのかもしれません。

陛下のお気持ちは私には分かりませんが、

痛みについて最後までお話しになりませんでした」と。


この証言に接し、私はかつて日本赤十字関係者から

伺った話を思い出した。


「昭和天皇は最後の111日間のご闘病において、

お苦しい中でも不平や我が儘を一切おっしゃらない、

まさに理想的な患者でいらっしゃった。

ただ困ったのは、『痛い』とか『苦しい』という事

すらおっしゃらないので、正確なご症状が分かりにくかった」と。


お苦しい不治の病床にあられながら、

「痛い」とおっしゃられる事すら

最後まで控えられた、天皇という地位の重さ。


それは、もはや我々の想像を超えた次元に属しているだろう。

なお、同特集には私も拙い一文を寄せた。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon