• 高森明勅

櫻井よしこ氏の「正論」

ジャーナリストの櫻井よしこ氏。


最近、こんな意見を述べておられる。


「他国に頼りきりの国防政策は1日も早く変えなくてはならない。 自国と自国民は自国が守るという鉄則を確立しなくてはならず、 憲法改正が必要」と。


正論だ。


しかし、安倍首相が唱える「戦力」未満の自衛隊を憲法に書き込むだけのやり方では、 決してそのような「鉄則」は確立できない。


どころか、「他国に頼りきりの国防政策」を未来永劫、固定化するだけ。 ならば櫻井氏は、安倍加憲論を支持できないはずだ。 むしろ断固反対を唱えるのが筋だろう。


ところが、何故かこれまで安倍加憲に賛意を表してこられている。


不思議だ。 自らの矛盾に気付いておられないのだろうか。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon