• 高森明勅

柳原前光の知られざる功績

明治の皇室典範の起草に当たった柳原前光(やなぎわらさきみつ)。 その後世への貢献について述べておきたい。 同典範の起草に携わった柳原と井上毅(こわし)は、 共に「譲位」を認めるべしとの立場だった。 だから当初、典範の草案には以下のようにあった。 「天皇ハ終身大位(=皇位)ニ当(あた)ル。 但シ身体ニ於テ不治ノ重患アル時ハ元老院ニ諮詢シ 皇位継承ノ順序ニ依リ其(そ)ノ位ヲ譲ルコトヲ得(う)」と。 ところが、伊藤博文は譲位容認案を拒絶。 その時に、柳原は譲位を認めた“但し書き”だけではなく、 全文を削除するように逆提案。 伊藤もそれに同意した。 これは見逃せない重要な事実だ。 もし但し書きだけが削られて、 「終身大位ニ当ル」という条文がそのまま残っていたらどうなったか。 今の典範にも同趣旨の規定が踏襲された可能性が高い。 積極的に「終身在位」を要請する規定が“現に”存在すれば、 譲位を可能にするのはその条文と真正面から衝突するので、 (法技術的にはともかく)心理的に巨大な障壁に直面せざるを得ない。 実際の法整備はかなり困難になったはずだ。 私自身、民間の立場で皇室典範特例法の制定に 些か関与した体験に照らしても、その事はたやすく想像できる。 幸い、柳原が機転を働かせたお蔭で、 今の典範には次の条文があるのみ。 「天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する」(4条)

崩御による即位だけを規定した“結果”、譲位の可能性が 排除されたにとどまる。 柳原の逆提案によって、 旧典範から終身在位規定が削られていたので、 特例法制定のハードルは、明らかに“より”低くなった。 柳原の深謀遠慮が百年以上の歳月を経て、 見事に実ったとも言える。 今上陛下のご譲位を控え、 この人物の功績を見落としてはならない。


0回の閲覧
  • Facebook Social Icon