• 高森明勅

昭和天皇から今上陛下へ




児童文学作家の高木敏子氏。 今上陛下の「慰霊の旅」を巡って、 以下のように述べておられる。 「中学生だった秋篠宮さまが、両親と妹を亡くした 戦争体験を綴(つづ)った『ガラスのうさぎ』(昭和52年刊) を読んでくださり、両陛下に勧めてくださったそうです。 それがきっかけとなり、東宮(とうぐう)御所や 皇居にお招きいただくようになりました。 …陛下からは国外を巡る『慰霊の旅』への 強い思いも伺いました。 私が『ご高齢ですから、控えられた方がいいのではないですか?』 と申し上げると、『そういうわけにはいかない』と。 実は、お父上である昭和天皇から 『自分が行けなかった海外の戦地を巡って欲しい』 と言われたことがあるそうです。 いわば“遺言(ゆいごん)”のようなもので、 だからこそ、陛下はあれだけご熱心に巡られた のだと思います」と。 勿論、陛下ご自身に深い“慰霊”のお気持ちがなければ、 様々な困難を乗り越えて行われて来た「慰霊の旅」はあり得なかった。 しかし、その背後に昭和天皇からのご附託があったのは (ある程度、拝察は出来ても)、 確かな証言は少なかったのではないか。 大切な証言だ。

80回の閲覧
  • Facebook Social Icon