• 高森明勅

日本経済新聞にコメント

『日本経済新聞』(6月29日付朝刊)にコメントを寄せた。

「危うき皇位継承」シリーズの3回目。

見出しは「皇室史上 最も狭い『通路』」。

私の他に、象徴天皇制研究者で 京都大学文書館助教の冨永望氏のコメントが収められている。

記事の締め括りは次の通り。

「両氏は側室・庶子が考えられない現状では、 女系の可能性を認めない限り継承は困難とみている」。 限られた字数に必要な情報を的確に盛り込んだ 有益な記事になっている。 『日本経済新聞』(6月29日付朝刊)にコメントを寄せた。

「危うき皇位継承」シリーズの3回目。

見出しは「皇室史上 最も狭い『通路』」。

私の他に、象徴天皇制研究者で 京都大学文書館助教の冨永望氏のコメントが収められている。

記事の締め括りは次の通り。

「両氏は側室・庶子が考えられない現状では、 女系の可能性を認めない限り継承は困難とみている」。 限られた字数に必要な情報を的確に盛り込んだ 有益な記事になっている。『日本経済新聞』(6月29日付朝刊)にコメントを寄せた。

「危うき皇位継承」シリーズの3回目。

見出しは「皇室史上 最も狭い『通路』」。

私の他に、象徴天皇制研究者で 京都大学文書館助教の冨永望氏のコメントが収められている。

記事の締め括りは次の通り。

「両氏は側室・庶子が考えられない現状では、 女系の可能性を認めない限り継承は困難とみている」。 限られた字数に必要な情報を的確に盛り込んだ 有益な記事になっている。

10回の閲覧
  • Facebook Social Icon