• 高森明勅

新しい天皇陛下の「イギリス議会」体験

最終更新: 2019年5月6日



新しい天皇陛下の「イギリス議会」体験

新しい天皇陛下のお若き日のご著書『テムズとともに』 (平成5年刊、学習院教養新書)。 イギリスでの2年間の留学体験をまとめられている。 その中に次のような記述がある。 「到着翌日の6月22日には、英国議会の開会式を見学した。 式は、エリザベス女王陛下、御夫君のエディンバラ公フィリップ殿下の ご臨席のもとに、上院においておごせかに行われた。 まず、きらびやかな礼装に身を包んだ上院議員が整列する中、きわめて フォーマルな装いの女王陛下とフィリップ殿下が入場される。 やがて、女王陛下からの使者が下院に赴き、発声とともにドアを叩く。 下院では開けたドアを使者の前で閉めてこれを拒絶すること2回。 3回目にようやく開け、下院議員全員が上院に向かう。いわば女王陛下の 使者に三顧の礼をつくさせるわけであるが、私はこの一連の所作に、 ピューリタン革命にまで遡る、王権から自立した、議会を主体とする 政治の理念が表されている思いがした。 ほどなく式場に現れた下院議員の服装は平服である。 その中にはサッチャー首相の姿もあった。 …議会の開会式見学は、私にとって『伝統の国イギリス』を実感する 最初の機会であった」 ― 我が国の議会、つまり国会を構成する議員諸氏に、 果たして政治の“主役”としての責任感がどこまであるだろうか。 それにしても、お若くして「女王陛下の使者に三顧の礼をつくさせる」 下院の所作に頼もしさを感じられた、天皇陛下の懐の深さに驚く。

98回の閲覧
  • Facebook Social Icon