• 高森明勅

拙著への感想など

先日刊行した拙著への感想が耳に届き始めた。


今のところ、およそ3種類。


1つは

「ページ数が限られてコンパクトなのに

情報量がすごく多い」

「皇室知識の缶詰のようだ」と。


次に

「皇室についての見方、考え方を教えられた」

「これまで漠然と受け入れていた通念が覆えされた」と。


そして

「これだけ幅広い領域を1人で扱って、

しかもそれぞれが受け売りではなく、

オリジナルな見識に基づいて統一的な

記述ができる書き手は、余りいないのではないか」と。


どれも褒め過ぎ。


でも嬉しい感想だ。


但し、既に校正漏れを見つけている。


以下の通り。


26ページ1行「金(ルビがね)」→「カネ」。

58ページ9行「ルビないぐう」→「ルビないくう」。

同ページ10行「ルビげぐう」→「ルビげくう」。

69ページ表の上の行「(3条)」→トル。

95ページ平面図「右幡舎」→「右幄舎」

「左幡舎」→「左幄舎」。

134ページ5行「機能」→「権能」。

144ページ表の上の行「上」→「下」。

158ページ3行「見てみたい」→「見てみたい

(157ページ)」。

170ページ小見出しの下の行「3」→「2」。

176ページ下から7行「厳しい」の前に

1字分アキを詰める。

182ページ6行「選択肢は。」→「。」トル。


以上。


他にもあるかも知れない。


申し訳ない。

増刷が掛かれば勿論、訂正する。

26回の閲覧
  • Facebook Social Icon