• 高森明勅

性別、性自認、性的指向

10月14日、ゴー宣道場。

テーマは男女平等とLGBTを巡って。

予め心配していた事が1つあった。

それは、いつもの道場のように

ユーモアを失わないでやれるか、どうか。

特にLGBTの扱い方は難しい。

しかし、それは杞憂に終わった。

会場はいつもに劣らぬ笑い声で溢れた。

それだけで私にとっては「成功」だ。

泉美木蘭師範の基調講演はやや長めになった。

でも、参加者は熱心に耳を傾けていた。

それも当然だろう。

彼女の丁寧でひたむきな話は、

ご自身の取材と体験も織り混ぜて、

とても興味深く聴き易かった。

男女平等については、

勿論「平等」という理念それ自体は大切ながら、

単純に、とにかく差別は罷り成らぬ!

と一般的・抽象的・イデオロギー的・原理主義的に

切り捨てるのではなく、合理的な根拠を持つ 差別(広義の差別)とそうではない差別(狭義の差別) の線引きを、個別具体のケースごとにどうするかという、 現実の多様性に配慮した緻密な対応が必要だという

辺りは、皆さん概ね理解して貰えたのではないか。

倉持麟太郎師範がこんな話をしていた。

「火事になれば、小林よしのり師範の隣に

目下杖を必要とする笹幸恵師範がいれば、

小林さんが彼女をおぶって逃げるべきだし、

逆に隣にレスリング金メダリストの吉田沙保里選手がいれば、 彼女が小林さんをおぶって逃げるかも知れない」と。

絶妙の喩えだ。

私自身は反省もある。

LGBTについての議論で、

性別(生物学的な男女の区別)と

性自認(本人が自分の性をどう認めているか)

と性的指向(どのような性に対して好意や性的欲求を

持つか)をきちんと整理した上での討議を、

もう少し積極的に働きかけるべきだった。

それを途中で一言だけ触れたのにとどまったのは、残念。

そこが未整理だったので、

よけいに複雑な印象を与えたかも知れない。

それでも、本人が自ら選んだのではない事を理由に、

合理的な根拠を欠く差別をする事は決して許されない、

という点では誰しも異存はなかったはずだ。

個別に掘り下げるべき論点はいくつも積み残した。

それは道場が失敗したのではなく、成功した証拠だろう。

63回の閲覧
  • Facebook Social Icon