• 高森明勅

「平成」の次、ご公務はどうなる?


宮内庁は1月31日、天皇陛下のご譲位後の

皇室の方々のご公務の分担について、発表した。

皇族の減少と高齢化によって、

これまでと同様のやり方を維持するのが、

既に無理になっている。

憲法上の義務である「天皇の国事行為」を除き、

それ以外のご公務は、基本的に国民の側からお願いし、

皇室の方々がお気持ちで行って戴いているものが殆ど。

「天皇の3大行幸(天皇・皇后の3大行幸啓)」など、

恒例化している行事も性格としては同じ。

そこを勘違いしてはならない。

だから原則として、

いくらでも減らして戴く事は可能だ。

しかし、ご公務を削れば削るほど、

国民との接点は失われる。

社会における存在感も縮小せざるを得ない。

だが、減らさなければ、

皇族方のご負担が過大になってしまう。

その一方で、時代の推移、社会の変化と共に、

今後、新しいご公務が求められる可能性もある。

皇室は難しい局面に立たされている。

御代替わりに当たり、

皇室が抱える難題について、

国民は見たくない現実から目を反らすのではなく、

改めて深く考えてみるべきだろう。

―なお私の1月31日のブログに

「天長節(てん“き”ょうせつ)」と記していたのは勿論、

(てん“ち”ょうせつ)が正しい。

天長の語は漢籍の『老子』に「天長地久」とあるのに由来する。

シナ唐の玄宗が、

誕生日を「千秋節」と名付けていたのを748年に改めて 「天長節」と称した(『旧唐書』玄宗紀)のが初め。

わが国では奈良時代の宝亀6年(775)に、

光仁(こうにん)天皇(49代)の勅によって、

同天皇の誕生日を「天長節」と名付けたのが初見。





0回の閲覧
  • Facebook Social Icon