HOMEブログ>記事

  • 高森明勅

平成最後の終戦記念日

平成30年8月15日。平成最後の終戦記念日。 私は「昭和最後の終戦記念日」を思い出さずにはいられなかった。

昭和63年8月15日ー。

昭和天皇は側近の制止を振り切り、那須御用邸でのご静養を一旦中断され、進退ご不自由なお身体を押して、日本武道館での全国戦没者追悼式に臨まれた。あの時の、昭和天皇の崇高なお姿が忘れられない。昭和天皇は年代の確かな歴代天皇で最高齢の87歳でいらっしゃった。

この日に詠まれた御製。

やすらけき

世を祈りしも

いまだならず

くやしくもあるか

きざしみゆれど

渾身の平和への「祈り」だった。 その事実を顧みつつ、平成最後の終戦記念日での今上陛下の「おことば」を、謹んで掲げさせて戴く。

「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来既に73年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難の往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

戦後長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省とともに、 戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」

私ども国民は、昭和ー平成を貫く厳粛な祈りを、深く肝に銘じるべきだろう。

2回の閲覧