• 高森明勅

天皇不在の明治150年式典

10月23日、明治150年記念式典が行われた

(安倍晋三式典委員長)。


昭和43年に、佐藤栄作内閣のもとで

明治100年記念式典が開催された時には、

昭和天皇と香淳皇后の臨御(りんぎょ)を仰いだ。


今回はどうか。


産経新聞は「天皇、皇后両陛下は臨席されなかった」

とだけ報じている。


何故お出ましが無かったのか。


朝日新聞によれば、

「宮内庁は『政府からお声がけがなかった』

(西村泰彦次長)としている」と。


何と安倍内閣は、天皇・皇后両陛下を式典に

お招きしなかったようだ。


これは一体どういう事か。


明治という偉大な時代に、

「天皇(という存在)」が果たされた大きな役割を、

きちんと理解していないのか。


それとも、「150年」という

節目そのものの意味を、軽く見ているのか。


或いは、端的に天皇陛下を敬う気持ちが薄いのか。


恐らく、それら“全て”だろう。

47回の閲覧
  • Facebook Social Icon