• 高森明勅

天皇が「牛車」に乗らなかった理由



天皇が「牛車」に乗らなかった理由

平安時代から室町時代にかけて、上皇をはじめ皇族や貴族が乗った牛車(ぎっしゃ)。文字通り、牛が牽(ひ)いた。最高級の牛車は「唐車(からぐるま)」と呼ばれ、上皇などが乗る。ところが天皇は牛車に乗らなかった。


何故か?


牛に牽かせる為に、暴走する恐れが皆無ではない。だから“より”安全な、人が担ぐ「輦(れん)」と呼ばれた輿(こし)で移動された。この一事だけからでも、国家の公的な秩序において、天皇は上皇より上位にあった事実を知る事が出来る。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon