• 高森明勅

大島衆院議長の「危機感」

12月21日、大島衆院議長は福岡での講演で

「皇統」への危機感を率直に表明された。

「大事な問題は、永続する皇室を

今後どのように作っていくか。

この宿題が我々の中にある。

政治の場にある」と。

天皇陛下の退位特例法の付帯決議で

「女性宮家の創設」について検討が

求められている事にも触れた。

来年10月の「即位礼正殿の儀」終了後を念頭に、

安定的な皇位継承について

「政府、国会ともに日本の国の姿の

1つとして政治の場で結論を出さなければならない

課題が残っている」と、真剣な議論を促した。

もう待ったなし。

政府・国会は手を携えて、

皇位の安定的な継承を可能にする

皇室典範の改正に向け、

あらゆる知恵を結集すべきだ。

来年は間違いなく極めて重要な年になる。


※画像:毎日新聞社

70回の閲覧
  • Facebook Social Icon