• 高森明勅

国民の務め



国民の務め

昨日のブログで、皇室への「期待が一層膨らむ」と書いた。 そこで大急ぎで付け加えておきたい。皇室に何かを期待する“前”に、先ず国民としてどうあるべきか。そこに心を砕かねばならない、ということ。天皇皇后両陛下をはじめ、わが国の皇室が世界に誇るべき存在である事実は、改めて強調するまでもあるまい。 しからば、国民はどうか。誇るべき皇室に相応しい国民であり得ているのか、どうか。そのことを反省しないで、皇室にばかりあれこれ“注文”するような恥ずかしい真似はすべきではあるまい。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon