• 高森明勅

国民と歴史

先日、紹介した「記憶」を巡る小泉今日子氏の一文。

そこでの「私」「自分」を“国民”に置き換えると、

殆どそのまま「歴史」への洞察と言い得るのではないか。

「私の心の中に詰まっている様々な記憶は

過去からの優しい風のように、 今の私を慰め、励まし、奮い立たせてくれる。

良い事も、悪い事も全部が愛しい大切な思い出。

私の記憶は私が私であることの証明みたいなものだ」

「自分のことを好きだと感じることは簡単そうで難しい。

生きていれば次から次へと新たなステップを超えなければ

ならないから自分を見失いそうになる。

大切な思い出はそんな時、頼もしい道標になってくれる」

いかがだろうか。

  • Facebook Social Icon